院長・医学博士
近藤俊彦
日本外科学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定
専門医
内視鏡検査
こわさと痛みの極力少ない安全な検査をめざしております。胃の内視鏡は鼻からでも挿入可能な直径5.9ミリという超極細スコープを使用しております。院長も定期的に検査を受けていますが、やはり細いスコープは格段にらくであります。
なお当院では毎回の検査ごとに専用の洗浄機でスコープを完全に消毒いたしておりますので、ウィルス感染などの心配はありません。
胃内視鏡検査
予約は随時受け付けております。

胃内視鏡検査の際に、経鼻内視鏡検査を施行しております。
直径わずか5.9ミリ、鼻からの挿入を可能にした経鼻内視鏡が苦痛の少ない検査を実現しました。
<苦痛の少ない検査を実現>
鼻からの挿入のため、内視鏡が舌根に触れる事がないので、ほとんどの患者さんは吐き気もなく、心身ともに苦痛の少ない検査を受けていただけます。
<コミュニケーションで医療の質が向上>
鼻からの挿入なので、口が塞がれずに会話ができます。医師とのコミュニケーションが検査の質を向上させます。
経鼻内視鏡検査の予約は随時受け付けておりますので、御相談ください。
超音波検査
全く痛みがなく、体に無害な検査です。
皮膚の下にできたしこりや、リンパ腺、甲状腺、乳房などの体表部、肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓などの実質臓器、子宮、卵巣などの婦人科臓器等の検査をおこないます。
動脈硬化検査(血管年齢測定)
両手足の血圧を同時に測るだけで動脈の硬さの判定ができ、心臓病や脳血管病発症のリスクが推測できます。
その他
一般レントゲン検査、心電図、血液・尿検査、呼吸機能検査など